【株を買う時】円安ねで買う時のデメリットとメリット

スポンサーリンク
円安で買う時のデメリットとメリット
スポンサーリンク

株は、安い時に買うのか基本です。

利回りが、4%になる様な株を選んで買う様にしています。そうしなければ、買っても損をして株を購入している事になります。

チャートの株が下がっている株を選んで、購入しています。チャートの形状を使うのが、効率かいいですよ。

株を買う時は、いつも株が下がっている時を狙って買っています。

自分は、素人ですが株を8銘柄保有しています。投資信託と国内株式を合わせたら、15銘柄に投資をしています。

株を安値で、買う時のデメリットとは?

5月の楽天証券

①:チャンスを逃す

人間は、欲と言うものを常に持ち備えています。

1,000円、2,000円と株価が上昇してしまうと、注文は成立せず、結果的にその銘柄を安く買えたタイミングを逃してしまったことになります。

ココで、買ってけば良かったと後になってから後悔するのも人間の特徴です。

②:損失が広がる

499円、498円…と下がってしまうと、どんどん損失が大きくなって行きます。そんだけ損をすると言う意味ですね。

以上!TOMOHISA(@blog003_tomo)の書いた(株)に関してのブログ記事です。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

顔写真

コメント

タイトルとURLをコピーしました